1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:43:28.59 ID:ZCDCwgrM0

マミ「QBも知ってるわよね。初音ミクさん。世界最高の電子の歌姫よ」

ミクダヨー「札幌の大天使だよー」

QB「……」


1
http://photozou.jp/photo/show/175340/183187674
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345657408

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:44:15.57 ID:ZCDCwgrM0

マミ「ニコニコ動画にアップされてたミクさんの歌に私夢中になっちゃって、思わずコメントつけたら、親切にも返事返してくれたの。それから、親しくお付き合いさせてもらうようになったのよ」

ミクダヨー「まぶだちだよー」

QB(なぜ……気づかない)



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:45:08.08 ID:ZCDCwgrM0

マミ「で、ミクさんに魔法少女のこと話したら是非協力したいって。年も十六歳、私より一個上なだけで、ぴったりだわ。願い事も決まっているらしいの。聞いてあげてくれる、QB」

ミクダヨー「変身バンクはサービスするよー」オイロケ

QB(マミはクラスではぼっちの癖に、なぜこういう色物とはすぐ仲良くなれるんだ)「ええと、では、二、三質問していいかな?ミク」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:45:47.63 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「スリーサイズは勘弁してよー」

マミ「嫌らしいこと聞いちゃだめよ、QB。TPOわきまえない男の子は嫌われちゃうぞ」

QB「……」



6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:46:34.74 ID:ZCDCwgrM0

QB「えぇと、気を取り直して。魔法少女になったとき身につく武器や特殊能力は、その人の願いや、元々備わっている特技や趣味に影響されるんだ。ミクは、なにが出来るのかな?」

マミ「まぁ、QBったら馬鹿な質問ねぇ。天下の歌姫様よ。特技は歌に決まってるじゃない。ミクさん聞かせてあげて」

ミクダヨー「分かったよー」

QB(これで、マミも、この巨大な牛のような物体がなにか気づくはずだ)



7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:47:18.26 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「では、いくよー」

ミクダヨー「コホン」

QB「……」

マミ「……」ワクワク



8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:48:17.89 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「わいは猿や!プロゴルファー猿や!」

QB「!!」



9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:48:55.30 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「つむじ風舞うティーグラウンドで
ねらうはグリーンのターゲット
大地をつかむ両足と
闘志をつなぐ両腕に
いのちをかけたこの一打
白いボールよ火と燃えよ」



11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:50:03.36 ID:ZCDCwgrM0

マミ「キャァ、すごい、すごい、本当に水木一郎さんが歌ってるみたいだったわ。ゼェェット!!」

QB(めっちゃ野太い声だよ。この時点で気づけよ、マミ。いや確かに上手いけどさ)

QB「えぇと、結構でした。でも、魔法少女になったら、もう普通の女の子としての生活は出来ないよ」

QB「ミクもまだ十六。遊びたい盛りでしょ。歌姫としての活動もあると思うし、やめといたほうがいいんじゃないかな?」



13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:51:09.34 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

QB「?」

ミクダヨー「利いたふうな口をきくなー!!!!」ガタッ

QB「ひっ」



15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:51:42.97 ID:ZCDCwgrM0

マミ「ミクさんが怒鳴るのももっともだわ」ウンウン

ミクダヨー「分かりきったことを、くどくどと」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

QB「ひぃっ」



16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:52:49.57 ID:ZCDCwgrM0

マミ「QBが言ったようなことは、覚悟しているに決まってるじゃない。試すようなこと言ったら、そりゃ、ミクさんだって怒るわよ」

ミクダヨー「知らんぞ。止められんぞ、もう」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

QB「あわわ」ガタガタガタガタガタ



17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:53:21.60 ID:ZCDCwgrM0

マミ「ミクさん。気分を悪くさせてしまってごめんなさい。でも、QBだって、悪気があって言ったわけじゃないの。心配してくれただけなのよ。許してあげて。QB、貴方からも謝りなさい」

QB「うん、ごめんよ、ミク」

ミクダヨー「……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

QB「……」ドキドキドキドキ



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:54:00.60 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「い・い・の・よ」ケロッ

マミ「さすが、歌姫様ね。器が大きいわ」

ミクダヨー「天使ですもの」

マミ「QB、お礼を言いなさい」

ミクダヨー「ありがとう、ミク」



19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:54:30.95 ID:ZCDCwgrM0

マミ「まぁ、でもQBの言うことにも確かに一理あるわね。一生のことですから、万が一後悔するようなことになったら、大変だわ。今日のところは、魔法少女候補者の紹介というところで、留めておきましょう」

ミクダヨー「分かったよー」

QB(ほっ)



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:55:13.96 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「じゃぁ、今日は帰るねー」

マミ「はい、満足なおもてなしもせず、ごめんなさい。QB、途中までお見送りしてあげてくれる?」

QB「えぇっ」



21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:55:55.54 ID:ZCDCwgrM0

マミ「えぇっ、じゃない。行くの。これから、鹿目さんや、美樹さんと同じようにフォローするんだから、この機会に親しくなっておきなさい」

QB「はぁい」(仕方ない。道すがら、色々探り入れてみよう)



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:56:50.61 ID:ZCDCwgrM0


ミクダヨー「長いキスの途中で♪」テクテクテクテク

QB「……」テクテクテクテク

ミクダヨー「首飾りを外した ♪」

QB「ミ、ミク」



23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:57:22.17 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「友だちの領域から♪」

QB「ごめん、ちょっとミクってば」

ミクダヨー「なぁにー?」



24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:58:09.20 ID:ZCDCwgrM0

QB「素晴らしい歌声ありがたいんだけど、その歌、もう四周くらいしているよね。ロマンティックがとまらないがとまらない状態になっているよ。それに、[Fu-Fu さりげなく]のところで、僕に目線くれるのも止めてくれる」

ミクダヨー「……」



25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:58:48.54 ID:ZCDCwgrM0

QB「別の曲にしてくれるかな?」

ミクダヨー「分かったよー」

QB「ほっ」

ミクダヨー「スカートを派手目にひきずって♪」

QB「また、C-C-B!? なにか、そういう縛りがあるの??」



26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:59:51.83 ID:ZCDCwgrM0

杏子「うん、あれは?」

杏子「おーい、QB」

QB「やぁ、杏子」

杏子「なにやってるんだ?って、うわっなにこれ? デカッ」

ミクダヨー「ミクだよー」



27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:00:49.67 ID:ZCDCwgrM0

QB「カクカクシカジカというわけだよ。杏子こそ何やってるの? 子供一杯乗せたリヤカー引っ張って」

子供たち「キャッキャッ」

杏子「幼稚園のバイトだよ。年少組の子達に外の景色見せてるの。自分で歩かせたらどこ行くか分かんないから、こうやってリヤカーに乗せてるのさ」



29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:01:37.38 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「……」トントン

QB「うん、どうしたの? ミク、自分の胸たたいて」

ミクダヨー「手伝うよー」

QB「えぇっ」

ミクダヨー「引っ張ったげるー」



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:02:21.70 ID:ZCDCwgrM0

杏子「まじで? 助かるよ。ここから、坂道だから、子供とはいえ、結構きついんだよね」

ミクダヨー「まかせてー」ヨイショ

杏子「交替と。引く前に一応子供たちに声かけてあげてくれな」

ミクダヨー「分かったよー」



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:02:55.41 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「子供たちー、札幌の大天使ミクだよー」クワッ

子供たち「……」

子供たち「あーん、怖いよー」



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:03:25.75 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「あれあれ、ミクだよー」

子供たち「あーん、うわーん」

杏子「やばっ、よーし、よしよし、このお姉ちゃん、体は大きいけど、怖い人じゃないからな。怖がることないぞぉ。そうだ、QB」ニギッ

QB「うん、なに。猫みたいに首の裏つかまないで」



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:04:47.47 ID:ZCDCwgrM0

杏子「協力してくれ。ほーら、みんな喋るぬいぐるみだぞ」ポイッ

子供たち「わー可愛い。ふわふわだぁ」キャッキャッ

QB「しょうがないなぁ。キューべーだキュベー」

子供たち「可愛い、可愛い」キャッキャッ

杏子「意外とあざといのな。お前」



36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:05:23.09 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「ミクだよー」マケジト

子供たち「うわーん、うわーん」

QB「キュベ、キュベー」

子供たち「可愛い、きゃー、きゃー」



37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:06:14.57 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「ミクだよー」

子供たち「こないでー、こないでー」

QB「キュベ、キュベー」

子供たち「可愛い、きゃー、きゃー」

ミクダヨー「うるさいぞ、この淫獣野郎」



38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:06:58.30 ID:ZCDCwgrM0

QB「キュベ、キュベーって、えっ?」

ミクダヨー「ミクだよー」

杏子「まっ、まぁまぁ、子供は無条件に小さいものが好きだからな。ミク。気にすんなよ」

ミクダヨー「……」



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:07:32.97 ID:ZCDCwgrM0

QB(下膨れの顔をもっとふくらましてる。電子のアイドルとしてのプライドが傷ついたのか)

杏子「(オロオロ)ええと、どうしたものか。うん、なんだ、けんじ?」ツンツン

けんじ「杏子姉ちゃん、あのでっかいお姉ちゃんの所に連れて行って」

杏子「おっ、よし、分かった。よいしょっと。ミク、けんじが言いたいことがあるって」



42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:08:58.85 ID:ZCDCwgrM0

けんじ「友達になって」

ミクダヨー「……」

ミクダヨー「来なさい。撫でてやる」

けんじ「はーい、わーい」

杏Q(ほっ)



43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:09:36.04 ID:ZCDCwgrM0

杏Qミ子「キャッキャッ」

まどか「ねぇ、さやかちゃん」

さやか「どうした、まどか?」

まどか「あれ杏子ちゃん達じゃない? でっかい牛に、子供を乗せたリヤカーを引かせてるよ。淫獣も一緒だ」



44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:10:21.10 ID:ZCDCwgrM0

さやか「ほんとだ。最近、杏子改心してバイト始めてるって言ってたから、それかな」

まどか「きっと、子供をドナドナしてマカオ辺りの金持ちに、売り飛ばすつもりだよ。許せない」ダダッ

さやか「ちょっ、まどか。そんなわけないって」ダダッ



45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:11:12.43 ID:ZCDCwgrM0

まどか「こらー、赤野良に淫獣」

QB「あの息をするように暴言吐くのは……」

杏子「あっ、さやかにまどかだ。おーい」

まどか「杏子ちゃん、見損なったよ」



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:12:30.65 ID:ZCDCwgrM0

杏子「はぁ、いきなり、何言ってるんだ?」

さやか「待てってば、まどか」

まどか「幾らで売るつもりなの? グラム百円?」



47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:13:27.05 ID:ZCDCwgrM0

杏子「だから、何のことだよ」

さやか「まどか、確証もないのに、変なこと言っちゃだめだよ」

まどか「それに、この巨大な緑色の牛はなに? これも売り飛ばすの? 屑肉しかならないよ、多分」

さやか「まどか、初対面の人に失礼なこと言っちゃだめだってば。ていうか、間近で見ると、ほんとデカッ」



49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:14:11.97 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「……」

ミクダヨー「おい、こいつから、殺していいのか」

QB「そう言いたくなるのも、もっともだけどね」

杏子「あたしももう勘弁ならない。でも、一応説明だけはしといてやるよ。カクカクシカジカ」

さやか「まるまるうまうまってわけね。やっぱり、まどか、あんたの誤解じゃん。あやまんなよ」



51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:14:59.57 ID:ZCDCwgrM0

まどか「ウェヒヒ、ごめんね」

杏子「かるっ! 頭にきた」

ミクダヨー「お前はもうあやまっても許さないぞ」

さやか「まぁ落ち着きなって」アワワ

???「待ちなさい」



53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:16:25.22 ID:ZCDCwgrM0

杏子「なんだぁ?」

ほむら「経緯はみんな見ていたわ。まどかに手を出したら私が許さない」

さやか「あっ、転校生」

杏子「経緯全部見てたら、どっちが悪いかくらい分かるだろうが。えこひいきすんな」

ほむら「たとえ、冷え性のおばあちゃんの電気毛布のスイッチをおもしろ半分に切ったとしても、私はまどかの味方よ」

QB「やりかねないとこはあるよね」



55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:17:19.63 ID:ZCDCwgrM0

まどか「ほむらちゃん、赤野良と緑牛が私のことをいじめるの。助けて」ウェヒ

ほむら「よしよし、怖い思いをして可哀想に。私が来た以上はもう大丈夫よ。さぁ、かかってきなさい」

杏子「おう、やってやろうじゃんか。ミク、行くぞ」

さやか「両方ともやめなって」

ミクダヨー「……」



57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:18:57.62 ID:ZCDCwgrM0

杏子「変身と。どうした、ミク。あいつらやっつけてやるぞ」

さやか「本気でやめな。ソウルジェムがおかしい。ミクさんは気づいてるんだよ。まずいな。子供たちがいるってのに魔女だ」

杏子「な」

杏Qほま「なんだって!?」ウェヒ



58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:19:49.77 ID:ZCDCwgrM0

~~イヌカレー空間~~

QB「さっそく背景もイヌカレーに変わったよ。子供たちは僕とミクでなんとかする。みんな魔女をやっつけって」

さやか「了解」ヘンシン

ほむら「しょうがないわね」ヘンシン

まどか「めんどくさいなぁ」ヘンシン

杏子「おらー!!!!」

さやか「行くよー!!!!」

ほむまど「……」コウホウシエン



59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:20:39.47 ID:ZCDCwgrM0

子供たち「あーん、怖いよー」

QB「キュップイ、キュップイ。ほーら、怖くないよ~これは、お姉ちゃん達の劇だからね」

子供たち「本当?」



60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:21:11.27 ID:ZCDCwgrM0

QB「キュップイ、キュップイ、ほんとだよ~悪い魔女をお姉ちゃん達がやっつけてくれるからね~」

子供たち「じゃぁ、安心かな……」

ミクダヨー「ミクだよー」

子供たち「あーん、怖いよー」



62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:21:44.80 ID:ZCDCwgrM0

QB「ミ、ミク、気持ちは分かるけど、今は手出ししないで」

ミクダヨー「……」

ガキィン

さやか「くっ」ズサー

QB「さやか!!」



63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:24:33.05 ID:ZCDCwgrM0

さやか「くそっ、あいつ強い。このままじゃ、子供たちのいるところまで押し切られちゃう」

子供たち「お姉ちゃん、血がでてる。怖いよー」

さやか「……だ、大丈夫。これは劇だからね」ニッコリ

子供たち「本当?」



64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:25:02.99 ID:ZCDCwgrM0

さやか「本当だよ~? ほーら、さやかちゃんは元気いっぱいだよ~」

子供たち「ホントだぁ、お姉ちゃん、強い、強い」

さやか「ははは」

さやか「ふぅ、しょうがないかぁ」ソウルジェムニギリ

QB「!!さやか、なにをする気だい?」



65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:25:47.01 ID:ZCDCwgrM0

さやか「恭介の腕とこの街を守るために魔法少女になったんだ」

QB「はやまっちゃ駄目だよ、さやか」

さやか「いいんだよ、QB。恭介の腕を取り戻せたことであたしの望みは尽きたんだ。あとの時間はおまけみたいなものだよ。ここで子供たちの命と私の命引き替えになっても、なんの後悔もない」



66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:26:52.52 ID:ZCDCwgrM0

QB「さやか……」

子供たち「お姉ちゃん、怖いよー」

さやか「よしよし、大丈夫だからね。少しの間、目をつむってて。この劇もすぐ終わるから」

ミクダヨー「……」



67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:27:29.17 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「さやか」

さやか「うん、なんだい? ミクさん」

ミクダヨー「利いたふうな口をきくなー!!!!」クワッ

さやか「ひっ」



68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:28:38.97 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「お前はもうあやまっても許さないぞ」

さやか「そ、そんな」

ミクダヨー「分かるよ。これはミクへの挑戦だね」

QB「ミ、ミク、魔法少女でもないのに魔女と戦うのは無理だよ」



69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:29:10.72 ID:ZCDCwgrM0

けんじ「ミク姉ちゃん、怖いよ。離れないでよ」

ミクダヨー「……」

けんじ「あんなのに勝てるやつなんていないよ」

ミクダヨー「いるさっ!!ここにひとりな!!」コブラ



71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:30:14.16 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「QB」スッ

QB「P,PSP。それと、なに? 格闘ゲームの技表……」

QB「ごめん、ミク。これ、エドモンド本田の写真をミクにすり替えただけに見えるんだけど」

ミクダヨー「待ってたぜぇ、この瞬間(とき)をよぉ」ダダッ



72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:32:12.76 ID:ZCDCwgrM0

QB「操作しろってこと? ええい、こうなりゃやけだ。←→強パンチ」

ミクダヨー「ドスコイ!」スーパズツキダヨー

ドゴォ

魔女「グワァァァ」

杏子「うぉっ、凄い破壊力。ミク。やるじゃん」



74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:32:44.06 ID:ZCDCwgrM0

QB「強パンチ連打」

ミクダヨー「フンフンフンフンフンフン」ヒャクレツハリテダヨー

ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ

魔女「ギャアアアアアアア」

さやか「魔女を押し戻してる!」



75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:33:29.28 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「人の話も聞けないような家畜は焼き肉にしちゃいますよ!?」

QB「つ、強い。これは、マミ、いや今明らかに手を抜いているまどか以上かもしれない……」

ミクダヨー「さぁ、とどめいくよー」



76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:34:53.17 ID:ZCDCwgrM0

QB「ええと、これ以上の技は……うん、サインペンで手書きのやつがあるぞ。マイクに向かって叫ぶ。まさか、これは、あの、ファミコン版ドラえもん伝説の……」

QB「巻き添えが出るかもしれないけど、ええい、ままよ。あぁぁぁぁぁ~~~~」

ミクダヨー「ほげーーーーーーーーーーーーーーーー」



77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:35:47.07 ID:ZCDCwgrM0

QB「うう、ファラリスの雄牛にジャイアンをたたき込んだような歌声だ。僕に感情がなかったら、脳みそ引き抜かれてしまうところだよ。でも、これは魔女に確実に効いてる」

魔女「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」シュゥ

使い魔「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」シュゥ

コロン



78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:36:51.50 ID:ZCDCwgrM0

杏子「よっしゃあ。グリーフシードゲットだ」

さやか「やったぁ。かったぁ。ミクさん、凄いや」

QB「ふ、二人ともあの歌声大丈夫だったのかい?」

杏子「あぁ……それが」トントン



80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:38:06.36 ID:ZCDCwgrM0

さやか「ほら、いつの間にか、私たちに耳栓してくれてたみたいなんだ。誰の仕業なんだろう、ね、ミクさん?」

ミクダヨー「あっ、ごめん、聞いてなかった、もう一回言って」

杏子「ふふっ」



81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:39:08.66 ID:ZCDCwgrM0

QB「はっ、子供たちは?」

さやか「駄目だぞう、QB、大声出しちゃぁ」

杏子「そうそう、みんなお休みの時間だ。誰かさんが子守歌でも聴かせたのかもね」

子供たち「スヤスヤスヤスヤ」



82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:39:51.79 ID:ZCDCwgrM0

QB「ミ、ミク。君ってやつは……」

ミクダヨー「どういう意味かな。言ってることがわからねぇや」

QB「……」

QB(まどかとほむらが、まともに歌声くらって季節外れの虫みたいにひっくりかやってるけど気にしないでおこう。自業自得だ)



83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:41:38.52 ID:ZCDCwgrM0

<幼稚園>

子供たち「杏子姉ちゃん、さやか姉ちゃん、ミク姉ちゃん、今日はありがとう。劇とっても面白かった。またしてね」

杏子「あぁ、また機会があればな」

けんじ「ミク姉ちゃん」

ミクダヨー「なぁにー」



84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:42:24.42 ID:ZCDCwgrM0

けんじ「今日、ミク姉ちゃん。かっこよかった。僕が大人になったらお嫁さんにしてあげる」

ミクダヨー「……」

ミクダヨー「やめて。私に乱暴する気でしょう。エロ同人みたいに」

QB「やんないよ。子供に向かって、なんてこと言うんだよ」



86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:43:11.46 ID:ZCDCwgrM0

けんじ「エロ同人? よく分からないけど、大人になったら約束ね。忘れちゃいやだよ~」バイバイ

ミクダヨー「はいはーい」バイバイ

杏さや「ふふふ」クスクス



88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:44:14.85 ID:ZCDCwgrM0

杏子「ミク、今日はありがとうな。じゃぁ、私たち帰るんで」

さやか「伸びてるまどかとほむらリヤカーに乗せて家まで送ってくるわ。また、遊んでね。ミクさん」

ミクダヨー「はいはーい」バイバイ

QB「……」

QB「僕たちも帰ろうか、ミク」

ミクダヨー「うん」



90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:45:10.93 ID:ZCDCwgrM0

テクテクテクテクテクテク

QB「……」

ミクダヨー「……」

QB「ミク」

ミクダヨー「なんだい~?」



91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:45:41.42 ID:ZCDCwgrM0

QB「魔法少女のことだけど、もうなる必要はないんじゃないかな。今日、きっと君の願いはかなったはずだ」

ミクダヨー「……」



92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:47:11.87 ID:ZCDCwgrM0

QB「君の願いは、子供たちを笑顔にしたいだったんだ。今日の戦いぶりを見て、それが分かったよ」

ミクダヨー「……」



93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:48:02.18 ID:ZCDCwgrM0

QB「魔法少女にならなくてもあれほど戦える君が仲間に加わったら、どれほどの戦力になるか分からない。でも、君は歌姫のままでいるべきだ。そのままでも君は十分夢と希望を世界に与えられる。一緒に戦えないのは、少し残念だけどね」

ミクダヨー「……」

QB(分かってくれたかな?)ドキドキドキドキ



95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:49:34.93 ID:ZCDCwgrM0

ミクダヨー「お前気に入った。うちにきてリンちゃんをファックしていいぞ」

QB「いらないよ! 勝手に妹の貞操贈り物にしちゃ駄目だよ!!」



96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:52:17.84 ID:ZCDCwgrM0



QB「ふぅ、今日も疲れたな。でも、ミクはいいやつだったし、なかなか有意義な一日だった。マミに、どんなだったか教えてやろうって。えぇっ!?」

QB「マミのマンションが爆撃でも受けたみたいになってる。巨人にかじられたりんごのようだよ。な、なにがあったんだ」

マミ「きゅ、QB」

QB「ど、どうしたんだ? マミ。しっかりして」



97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:53:17.38 ID:ZCDCwgrM0

マミ「ごめんなさい。QBのために魔法少女候補者見つけてやろうとネットで手広くやってたら、同業者さんの怒りを買ったみたいで……」

QB「同業者? 僕以外に魔法少女に出来るやつなんてこの地球にはいないよ。誰だ、そいつは?」

???「へぇ」



98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:53:58.05 ID:ZCDCwgrM0

なのは「エントロピーとか魔女とか意味のわからないことを言って。魔法少女の心を混乱させているのは貴方ね」

QB「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」



99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:55:16.61 ID:ZCDCwgrM0

なのは「私が魔法少女になったのは、ジュエルシードを見つけるため」

QB「」



101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:55:51.83 ID:ZCDCwgrM0

なのは「ソウルジェムとかグリーフシードとか言ってる意味が分からない」

QB「」



102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:56:26.22 ID:ZCDCwgrM0

なのは「同じ監督さんなのに後出しで出てきて、映画にまでなって。どのポジションを狙っているのかしら。ねぇ…私の言ってること、そんなに間違ってる? 少し、頭冷やそうか……」

QB「」



103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 03:57:06.22 ID:ZCDCwgrM0

終劇


106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 04:25:53.11 ID:58BsKR+30




105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 04:05:37.77 ID:0jeU4nFX0

ミクダヨー「利いたふうな口をきくなー!!!!」クワッ


111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 05:39:18.17 ID:MpaYL5uvP

ミクにQBみたいなキャラは相性いいかもしれんと思った



108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 05:10:25.07 ID:GsjJPKda0

オツダヨー



関連:
マミ「QB、新しい魔法少女希望者よ」鬼女「……」キリキリキリキリキリ
http://matomagi.doorblog.jp/archives/22584327.html

マミ「QB、新しい魔法少女希望者よ」清原「おう、わいや」
http://matomagi.doorblog.jp/archives/22050592.html

【まどかマギカ】ミクダヨー

http://matomagi.doorblog.jp/archives/29816520.html



キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク ねんどろいど ミクダヨー (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク ねんどろいど ミクダヨー (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

コメント一覧を上に持ってきてみました。細かいデザインを考え中です。
デザイン崩れの修正完了しました。

    • 1. 円環に導かれし名無しさん
    • 2013年08月19日 21:26 ID:2l7B2ePH0
    • ダヨーさんには誰も敵わない・・・

おすすめ記事!

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] B2タペストリー B 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 パスケース 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編/後編] B2タペストリー B 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編/後編] B2タペストリー A

コメント投稿

・リンク投稿の際はhを抜いて投稿をお願いします。
・不満な事等はあるかと思いますが、あまり罵倒などはせず出来る限り認め合った上で
 意見の交換等が出来たら嬉しく思いますので、過度な誹謗中傷は削除させて頂きたく思います。
 ご理解いただければ幸いです。
New!→※○○、米○○という文字にマウスカーソルをあてると、そのコメントが表示されるようになりました!

名前